股の黒ずみ解消について

股部分は別名をVラインと言い、女性の下半身を簡略化して描くと、ローマ字のVになります。
この部分に黒ずみができやすく、股の黒ずみは他人に相談がしにくいので、ひとりで悩む人が多いようです。
ここではそのような人に、なぜ股の部分に黒ずみができるのか、
どうすれば黒ずみを解消できるかを説明しましょう。

 

Vラインの黒ずみの原因

Vラインは陰部の延長線上にありますから、比較的肌の角質層が薄く、刺激に敏感です。
この部分に限らず肌が外部からの刺激を感じると、その刺激から肌を守ろうとして、
体内のメラノサイト細胞がメラニン色素を生産し、それを肌に分泌させます。

 

この場合の刺激とは、たとえばショーツなどの下着や、衣服との摩擦です。
この刺激は肌のターンオーバーを早めることになり、結果として角質層が分厚くなります。
厄介なのは、このような時に分泌されるメラニン色素がそのまま肌に止まる、

 

つまり沈着することです。
なお、このような刺戟には紫外線があり、それは日焼けという現象です。

 

 

Vラインの黒ずみの別の原因

もうひとつの原因は、ホルモンバランスが崩れて、
そのため肌の代謝であるターンオーバーが乱れることです。
肌細胞が代謝すれば、古い細胞と黒ずみのメラニン色素は新しい細胞と入れ替わるので、
黒ずみは解消できることになります。

 

しかし代謝が鈍ると黒ずみがそのままになり、
さらに別の刺激がメラニン色素を分泌させることになります。

 

 

Vラインの黒ずみ解消

Vラインの黒ずみ解消は、下着は天然繊維のものにして、ゴムがきつくないようにします。
タイトなジーンズやズボンも止めましょう。
また乾燥も刺激になるので、保湿をして、矛盾するようですが、通気性を良くします。
薬でのケアにはメラニン生産を抑えるハイドロキノンと
ターンオーバーを促すトレチノインなどが配合された外用薬を塗ります。

 

薬には内服用のものもあり、ビタミンC、ビタミンE、トラネキサム酸などが
黒ずみ解消に効果があるとされています。
なお、これらの薬はすぐには効果があらわれないので、ある程度気長に使用することになります。

 

股黒ずみの対策では保湿が重要

人の皮膚には天然保湿因子があるので、ある程度は潤いが保たれています。
しかし、入浴やシャワーでこの因子は流失してしまいます。

 

ですから、入浴やシャワーの後で保湿をしないと、肌が張り詰めたように感じます。
股の皮膚は角質層が薄く、ダメージに弱いので、乾きに弱いのです

 

股の皮膚が下着などで摩擦されると、皮膚細胞が傷みやすくなり、
その結果、股黒ずみができやすくなります。

 

股専用の保湿剤を使う

股の皮膚は乾燥と刺激というダメージに弱く、保水力がありません。
では、化粧水を使えばいいのではないかと思うかもしれませんが、
化粧水は皮膚の脂分の調節機能だけです。

 

ですから、乾いた股の皮膚に化粧水を使うのは意味がありません。
美容液やクリームで十分保湿の役目があります。
股の保湿には、股黒ずみ専用の美容液や、クリームを使いましょう。

 

保湿成分を含む化粧品

股黒ずみ専用の美容液や、クリームには股黒ずみを淡くする成分や、
肌をきれいに保つ成分、乾燥しにくくして潤いをキープする成分が入っています。
もちろん添加物フリーのものが多いので、皮膚へのダメージはほとんどありません。

 

フェイス用の美白アイテムは避ける

股の皮膚はダメージに弱いので、専用のアイテムでケアしましょう。

 

たとえばフェイス用の美白アイテムには、
アルコールその他の添加物が含まれていますから、
これらの添加物が股の皮膚を刺激します。

 

たとえ保湿効果が高いとされていても、
フェイス用のものを股の皮膚に使うのは避けるべきです。

 

股の皮膚をケアするアイテムを使う

いずれにしても、数ある美容アイテムを股の保湿に使う時には、
必ずデリケートゾーン専用というものを使うべきです。

 

先に述べたように、股部分のデリケートゾーンの皮膚は、その名の通り敏感で、
どのような刺戟にも弱いのです。
股 黒ずみ 解消

更新履歴